「人と人をつなぐ」+「人とテクノロジーをつなぐ」時代

前回、継続が大切というブログを記事を書きました。
その後、順調に進んでいます。
毎日、約4時間ほど学習の時間に充てられています。
計画的に勉強を初めて、今日までのトータル学習時間は、約38時間となりました(毎日・毎回、学習時間のログをとっています。結構励みになっています。)

で、今日は、「IoT」、「Alexa developer consoleの使い方」、「Adobe XDを使ったVUI(ボイス ユーザ- インターフェース)のデザイン 」そして「Alexa Skill(Alexaのアプリのようなもの)の作成」などをやっていました。

IoTで、改めて認識できたのは、「5G」の事です。
Gは、ジェネレーションのG。1Gから始まり、今は4Gが主流です。

この1Gから4Gは、人と人をつなぐコミュニケーションの手段なのだそうですが、
5Gは、(人と人をつなぐ)+(人とテクノロジーをつなぐ)手段だそうです。

我が家では、シニアの人たちが生活しやすいような環境作りの実験場となっています。
実験場とは大げさですが、いわゆる「スマートホーム」化していってます。

賃貸マンションなので、すべてを変える訳にはいかないのですが、「照明、エアコン、テレビ、スピーカー」は、Alexaを通して、声で動くようになっていますし、スマホで遠隔操作もできます。
エアコンのスマート化は特に便利で、寒い日・暑い日に外出先からスマホで電源を入れると帰ってきたと、あら、ま~!お部屋の温度が快適!!です。

また、鍵もスマート化して、外出するときいわゆる「キー」は持ち出しません。スマホもしくはアップルウォッチをつかて、キーレスで解錠・施錠ができます。
デイサービスを利用されている一人暮らしのお年寄りなど、鍵の管理をどうするか?と、よく議論になるのですが、そのお宅の鍵をスマート化すれば、スマホなどを持ち歩いていれば、鍵を管理しなくても出入りができます。

人の生活は、技術の変化によって大きく変化してきた歴史があります。

「人と人をつなぐ」だけではなく、「人とテクノロジーをつなぐ」技術の発展により、より快適な生活が送れるようになるかもしれません。

そのような、変化の時代にあって、このようにいろいろ学べることは、ホント、ラッキーな時代に生きているな!と思います。

コメントを残す