大金が必要な技術が、僕の手の中に

alexaのskill開発の学習を、独学でしています。
alexaは、声で反応・応答してくれるデバイスですが、そのバックグラウンドで働いている仕組みは、それはそれは、すごいものが動いているのですね、

ウェイクワードという言葉をalexaに伝えます。「アレクサ!」って。
すると、それまでは、いろんな音を聞いているのですが、ウェイクワードで、プログラムを動かすぞ、という合図になるのです。

例えば、「今日の天気は?」と聞くと、
まず、音声をテキストつまり書き言葉に変換します。これを動かしているのは人工知能。
次に、テキスト化した文章から、何がキーワードか?という事を抽出します、これもまた、人工知能。
キーワードがわかれば、アレクサのプログラムが理解できるデータ形式に変換して、プログラムに渡します。
データとして送られてきた言葉を、プログラムのなかで、適切な処理ができる、プログラムの中にある小さなプログラムに振り分けてくれるのです。

その後は、設定されたプログラムに基づいて、インターネットから、天気の情報を取得してきます。この技術は、今話題になっているwebAPIという通行手形みないな情報のやりとりで手に入れるのです。

手に入れた情報をもとに、返答するべき内容をテキストとして生成します。
生成したテキストを今度は音声に変換して、アレクサが話してくれる。

まぁ、おおざっぱにいうとこんな流れで動いています。

で、私が使っているalexaを動かしているバックグラウンドの仕組みは、アメリカの西海岸あるようです。

アメリカにあるセンターとのやりとりを含め、上の手順を、ほんの1~数秒でこなしてしまうんですね。

しかも、私が使っているよ、としっかり認識するシステム、人工知能とプログラムをつなぐシステム、準備や管理が不要なプログラムコードを管理するシステム、場合によってはデータベースを使いますので、データベースシステム、そして、それらが円滑に動くように構築するシステム等々が動いているそうです。

これらのシステムを、自分で構築しようと思ったら、とてもとても、個人や中小企業では歯が立たないほどの費用がかかります。ほんの10年ほど前は、大企業しか手が出せない領域だったのです。

それが、個人で使うのであれば、ほぼ無料、仮に費用がかかったとしても、ぼくの少ないお小遣いでどうにかなりそうな額なのです。

これは、何を意味しているか?というと、大企業しかできない、と思い込んでいたパフォーマンスがいまでは、個人レベルでもできないことはない、ということです。
その大企業は、便利な世の中になるために、大きな貢献をしてくれてきたとも思います。
そのおかげで、私たちが生活している現代は便利さであふれています。私が物心がついた頃、米はかまどで炊いていましたし、風呂は石炭で沸かしていました。洗濯機もあったのですが、2槽式の前の世代で洗濯槽の横にローラーがついていて、手動でローラーを動かして洗濯物をしぼっていました。
「もう、これ以上便利にならなくてもいいよ!」と強く主張する人も多くいます。

便利さを追求するのではなく、「意味」しかも使う人にとっての価値ある「意味」
そのような発想の転換が必要なのかもしれません。
スマートホームで便利になりはしましたが、かまどから炊飯器、石炭風呂からガス風呂というような生活の質をガラッとかえるようなインパクトは、スマートホームからは感じられないのは、わたしだけでしょうか?

いま、大企業しか扱えなかったような技術が、まさに私の手の中に入っているのです。
そのような技術、もっとくだけた言い方をすれば「道具」を、どのように使いこなすのか?
これが、技術を手に入れた個人が見つけなければならない問いなのではないかなぁ、と思いつつ、簡単なalexaskillを作り上げることに四苦八苦している今日この頃です。

コメントを残す