勉強したのだといいたまえ!

この前、Alexa skillの開発で「初歩的なことも覚えていない」と書きましたが、実は、初歩ではなかったようです。

あるコードがあり「このコードはこうゆー役割です」とチュートリアルでは説明されていたのですが、なんと、他にも大事な役割があったのです。それを知らずに「このコードは今のところいらないや!」と勝手に判断してコメントアウトしてしまったものですから、思うように動いてくれなかったようです。

原因を突き止めて改善した(コメントアウトを外した)ところ、ちゃんと動いてくれました。

チュートリアルで聞いた役割より、試行錯誤しながら見つけた役割の方が強く記憶に残っていく予感があります。

人は、失敗しながら学んでいくものだなぁ!と改めて考えさせられた出来事でした。

デザイン思考では、「できるだけ早く、できるだけ多く失敗をしたほうがいい」と言われています。
そもそも、失敗は失敗ではなく、学習の機会と捉えているのです。

そういえば、エジソンもこんなことを言っていたそうですね。
「失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ。」
「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」
と。

独りでコツコツやっていると、当然うまくいかないことも数多くあることでしょう。
いちいち凹んでいるのではなく、「やったー!新な勉強の機会ができた」と喜べるようなメンタルを作っていきたいと思います。

Alexaと付き合うことは技術的なことだけではなく、多くのことを学べる機会なのかも知れません。

コメントを残す