オリジン

先日、オーディブルで「三国志」を読了(というか「聴了」)しました。
約80時間の超大作。
で、いま、「ギブアンドテイク」を聞いています。
ギバー、マッチャ―、テイカーというカテゴリーで人を分類しているのですが、非常に面白い。
ちなみに、三国志に出てくる諸葛孔明は、ギバーだったのだろう。

で、私も、そろそろいい年になり、いつまで仕事を続けられるかなぁーと考えるようになりました。
いままで、いくつかの試験に挑戦し、学会での研究発表も行い、多くのジャンルの本を読み漁りました。いままで獲得した様々な知識や経験を、皆と共有したいと思い始め、職場の仲間と、仕事に直接・間接的にかかわりのある事柄をギブしようとおもいたちました。

テーマは、ケアマネジメントです。私はケアマネジャーとして仕事をしています。

まず、第一段階としてケアマネジメントのオリジンを理解することが大切だとおもいました。
物事が複雑になってくると、目の前の現象に目を奪われがちですが、「もともとは何の目的で、どのような意味をもってつくりだされたのか?」という原点に返ることは、とても有意義なのです。

ちょっと、仕事の内容になるのですが、「ストレングス(強味)」を大事にすべきだ、とか、「自立を支援すべきだ」とよく言われていますが、何も、ケアマネジャーだけが取り組むお題ではありません。デイサービスやヘルパー、はたまた教育関係者であっても、生活保護の担当者であっても、「強味」と「自立」はとても大事なワードになってきます。

では、われわれケアマネジャーが、どのような目的をもって、それらの題目と向き合えばいいのでしょうか?

そういったことを、ケアマネジメント誕生の歴史からひも解いてみて、私たちの仕事の本質を見つけ出そう、と試みました。

また、別の学問領域からも大きな示唆を受けることがあります。
私が興味を持っているのは「経済学」です。

経済学では、「エコン(経済学がモデルとしている人間)」など現実世界には存在しないという批判も受けて、それを埋め合わせるために、「行動経済学」という分野が発達してきましたが、それはそれとして、物事を単純なモデルとしてわかりやすくする。そのモデルを出発として、現実と乖離しているところを明らかにしていくという姿勢は、非常に有意義だと思っています。

私たちケアマネジャーのオリジンをベースに、単純な、本質をついたモデルは何かと考えたところ、「仲介者(ブローカー)」にたどり着くと思います。

そのあたりから、出発して職場の仲間と仕事に関することを共有していきたいと思っています。

次回は、「ケアマネジメント誕生秘話」をまとめてみたいと思います。

コメントを残す