僕の老後

高齢者予備軍の私。
ちょっと待って、高齢者って、何なの?
高齢者とは「かつての年寄り。慣習上、年寄りの部類に入れとけ、って言われている人たち」
TAKEMITI辞書より(そんな辞書けどね)

本業以外におもしろい世界があることに気づいた高齢者予備軍の私が、神妙にも、私の本業であるケアマネの研修を受けました。
そこでは、AIやデータが今後重要になってくる、って言ってました。
それは、しごく当たり前のこと。そのことを最初にアナウンスしないといけないとは・・・

神妙にうけた高齢者予備軍の私としては、年寄りとか年齢で図るものさし自体がもしかしたらナンセンス?
私がこの前参加したAI関係者の会合では、、65歳を遥かに超えたおじさま、おばさま方が、「未来のために頑張ろう!」と息巻いている反面、
未来を全く語らない若者が多くいました。現状の課題解決には長けているようですが、未来を語らない。
一般化できるものではないのは重々わかってはいますが、これだけの社会的な資源を、「年齢」という尺度で切り捨ててしまうのは、あまりにももったいない気がします。

終戦、日米安保、高度経済成長、オイルショック、バブル経済、長期のデフレ
今の高齢者(引退させられそうな世代)は、今から思い返せば、激変の時代を潜り抜けてきたわけだ。もう一度、クレージーキャッツが躍動したあの高度経済成長を、と夢見ているのかもしれない。

バブル以降、つまり、平成時代はいいにつけ、わるいにつけ、日本では時代が動いていない。平和であったことは尊いけど。

シンニホンの著者、安宅和人がAI×データは黒船襲来に例えていますが、、平成は、平和で列強諸国の影響を受けずに過ごせた江戸時代のような時期だったのかもしれません。

江戸時代の黒船は、産業革命の中心、蒸気から発展してきました。AI×データでまさに新しい産業革命が起こっているのです。

若者が未来を語り、年寄りが現状解決に長けている姿が、当たり前のような気がするけど・・・

さて、本題の研修ですが、介護では、そのAIやデータはどのように使われるのでしょう。

「AI×データ時代」に関しては、ケアマネを仕切っている厚労省も、さすが、しっかり考えているようです。
現場からデータを収集して、エビデンスに基づいた介護をしよう、と。
エビデンスベースの事柄を標準化して、新人でもベテランでも同じような結果が出るサービスを提供するという仕組みです。

データを集めて、結果を出す。
あれれ?データを人海戦術で使うの?それともアルゴリズムを使うの?
そのへんは、分かりませんでした( ノД`)

これを一言でまとめると「技術」だと思います。

蒸気が発明され、産業革命が一気に進んでいった反面、機械に人間を合わせていく、という流れが作られていったようにも思います。
チャールズ・チャップリンの「モダン・タイムズ」は、そのあたりを痛烈に批判していました。

今回の研修では、「技術」というものが大きくクローズアップされていましたが、技術的なことだけで進んでいってしまうと、機械に使われる人間という轍を踏むことにならないか、といささか、いやいや、非常に危惧しているところです。

シン・ニホンの読書会アンバサダーとして読書会を開催していますが、
シン・ニホンは、本当に奥が深い。
本日の研修で、シン・ニホンの奥深さを改めて認識させられました。

未来を作るには「夢×技術×デザイン」という式が示されています。
まさに、夢とデザインを技術と掛け合わせることによって、人を幸せにする技術が生まれるのではないでしょうか。

そういう観点からみると、「夢」と「デザイン」が大きく欠如したものだった、との印象を受けました。

「夢」と「デザイン」が欠如した中で働いてきた介護関係の人たちの人間的な疲労は、いかばかりかと思います。
「技術×技術×技術」から「夢×技術×デザイン」に変わっていかない限り、日本の高齢の課題は解決出ずに、疲弊した人たちが、人間らしさを削りながら支え、最後には「そしてだれもいなくなった」

そんなことにならないように願いたいものです。

IT最先端のはずが、いつの間にか・・・

今から20年ほど前、スマホが生まれる前に私はPDAを使っていました。
PALMという機種でした。
随分前のことで、今はスマホになじんでしまっているので、どのように使っていたかは
記憶が薄くなっていて具体的にははっきりと思えていません。

先日、オードリー・タンさんの講演を拝聴しました。
その話の中で、当時、PDAで日本の「ザウルス」というものに驚かれたそうです。
日本は、未来のテクノロジーを実現している国だ、と。

ところが、現在は日本は残念ながらデジタル後進国の地位に甘んじています。

さて、私は介護支援専門員と言って介護保険関連の仕事をしています。
介護保険が始まった当時介護保険はITの最先端を走っている、と言われていました。

大きな目玉は、「電子請求」です。
それまでの医療の現場では、レセプトという請求書を紙ベースで起こして、請求するのが一般的でした。

ところが、介護保険の請求では、PCの前に座って、請求データが出来上がると
エイヤっと、請求ボタンを押すと、インターネット回線を通して請求が国保連に届くようになったのです。
そうです、当時は画期的なシステムでした。

はたまた、介護保険制度が成立し、業務に必要な帳票類が発表されたとき
「これは、パソコンを使って処理しないと莫大な時間がかかる」と直感的に感じ、
ただでさえ給料が低いのに、うちの妻にお願いして、PCを購入しました。
それまでは、ワープロは扱ったことはあったのですが、PCは全くの初心者。

PCを前に、扱えるようになるまで悪戦苦闘の日々を過ごしましたが、
そのかいがあって、介護保険制度が動き始めるときには基本的なPC操作はできるようになっていました。

当時、ヘルパーしかやっていなかった中年の女性の方も、
必死な思いで、なれないPCソフトが扱えるようになるように、苦労されていたことを覚えています。

あれから、20年
介護分野はデジタル分野で最も遅れている業界のひとつに挙げられています。

デジタル最先端を走っている、と自負していた制度は、どこに行ってしまったのか・・・

20年前、テクノロジーで最先端を走っているとオードリー・タンさんをうならせた日本の技術
20年前、ITの最先端を走っていると自負していた介護業界

もしかしたら、介護業界のこのデジタルに関する停滞の状況は、
日本の停滞の状況を象徴するものではないかな?と感じるようになりました。

「シン・ニホン」アンバサダー、ディープラーニングG検定及びそのコミュニティへの参加など、AI、デジタルの現状を他の介護関係者より、肌で感じることができる環境にいることができています。

AI・データ・デジタルという技術は、使い倒さないと今後の日本が沈没してしまうのではないか、と危惧を持っています。

今、現在、デジタル革命のまっただなに私たちはいます。政府もデジタルトラスフォーメーションを強く推奨しています。

介護関係者の方々に、強く訴えたいことがあります。
20年間、停滞し続けてきた介護のデジタル技術。
今こそ、この変化の波に乗り、停滞から脱却する時期ではないでしょうか?

日曜の朝に、わざわざ統計のトリックを考える。

今日は、日曜日です。
朝、ゆっくりコーヒーを飲みながら、クルミパンやら、クロワッサンやら、ヨーグルト甘酒ドリンクやらいただきながら、
穏やかな時間を過ごしていました。

妻も一緒に穏やかな時間を過ごしていたのですが、
私が、確率のクイズを出して、その答えを言ったとたん、
妻は、「その答えには納得できない!」と言い始め、
なぜそうなるのか、説明したり、その説明に質問されたりして、
結局激論になり、おだやかな時間は、どこかに飛んで行ってしまいました。

その問題とは、つぎのようなものです。

「カードゲームの始まりです。
ここに、赤・青・白の3枚のカードがあります。3枚とも伏せてあり、何が書いてあるのかはわかりません。
で、3枚のうちの1枚だけに、『◎』と書いてあります。
1枚だけ引いていい権利を得ました。運よく『◎』と書いてあるカードを引き当てることができたら、
100万円もらえます。でも、はずれたら何ももらえません。

私は、白のカードを引きました。まだ、中身は見ていません。
この段階で、ゲームのホストがこう言いました。(ゲームのホストは、何色のカードに『◎』か書いてあるかは知っています。)
『あなたは、白のカードを選びましたね。残りは赤と青のカードです。
今日は、特別の日なので、あなたが選んだ白のカードに何が書いてあるかを見る前に、特別に残った2枚のうちの1枚をめくってあげましょう』と。

ホストは、おもむろに青のカードをめくってくれました。そこには、何も書いてありません。外れカードでした。
次に、ホストはこう言いました
『今日は、特別な日なので、あなたにカードを選びなおす権利をあげましょう!
カードを選びなおしますか?それともこのままでいいですか?』と。

ここで、復習です。
あなたは現在、白のカードを持っています。
赤と青のカードが残っていましたが、青のカードは、はずれカードであることがわかっていて、のこりは赤のカードだけです。

赤のカードを選びなおしたほうがいいか、白のカードのままでいくか。
さあ、どちらが確率的には有利になるでしょう。

答えからいうと、選びなおしたほうが、確率的には有利になるのです。
「なんで有利になるの?選びなおすわけだから、赤か白かの2分の1の確立だから、変わらないじゃないの!」
これが妻の言い分です。

では、なぜ選びなおしたほうが有利になるか、順を追って説明していきましょう。

赤・青・白3枚のうち、あなたは白を選びました。『◎』の確率は3分の1です。
全体は3分の3ですので、残りは3分の2ですね。

ここで、ホストが意図的に青のカードをめくってくれました。ということは、あなたが持っている白のカードは3分の1のままなのですが、残った赤のカードが当たる確率は3分の2ですね。

つまり、この場合は、選びなおしたほうが当たる確率は高くなる、ということなのですね。

妻は、この説明に対しても、「納得できない」と言っています。
「納得できない」「わけがわからない」という感想をお持ちの方々が非常に多くいる、とネットでも話題になっているようです。

なかなか納得がいかない、と思われる方は
「スロー アンド ファスト」や、「不合理な地球人」という行動経済学の本を読んでみてください。
きっと、新しい発見がいっぱいあるはずです。

このクイズは、「行動経済学」という分野で、よく使われるものです。
行動経済学とは、従来の古典的な経済学に対して疑問を呈する形で生まれたそうです。

従来の経済学では、そこに登場する「人間」は、完全に合理的な判断ができる、という前提でくみ上げられています。
ところが、完全に合理的な判断ができる人間というものが存在するのでしょうか?

このような疑問から、認知心理学の知見と経済学を融合させたような形で発展してると言われています。
人は、いかに「非合理的」なバイアスに影響されているか?
例えば、TVのコマーシャル。これも、認知心理学の理論をふんだんにつかって、あたかも「自分で選んだ」と思っているようですが、その裏には、私たち人間が陥りやすい「バイアス」の力に働きかけていることが多いそうです。

今後、AIやデータというものが非常に重要な時代になるといわれています。
AIは、ある意味、統計的処理を超高度に・複雑に処理する機械です。
その背後には、数学的な「超合理性」というものが横たわっています。

でも、それを扱う私たち人間は、「完全に合理的な判断」ができる存在ではありません。
もしかしたら、AIに食べさせるデータを集める際にバイアスがかかるかもしれません。
AIが出した結果に対し、「バイアス」がかかった目で解釈するかもしれません。

そのような意味で、AIが進化していく過程のなかで、それを扱う「人間」のこともより深く理解する必要があるような気がしてなりません。